BLOG

2月の誕生石アメジスト

「愛の守護石」アメジスト

2月の誕生石アメジスト2月の誕生石アメジスト
「紫水晶」の和名が示す通り水晶の一種です。
日本では「アメジスト」の呼び名が一般的ですが正式には「アメシスト」と発音します。
その名の由来はギリシャ神話の月の女神アルテミスに仕える美しい少女アメシストから。
酒の神デュオニソス(バッカス)が酒乱をとがめられた腹いせにアメシストを猛獣のピューマに襲わせようとしたところ、アルテミスが彼女を白い石に変えて守りました。
酔いから醒めて自分の罪を深く反省したデュオニソスが赤ワインを石に注いだところ、白い石になった少女が美しい紫色の宝石になったという伝説よりこの名がついたと言われています。

アメジストの石言葉は「真実の愛、誠実」

2月の誕生石アメジストアルテミスの加護を持つアメジストは「愛の守護石」と呼ばれ真実の愛を育み、恋人、家族、友人との絆を深める力があります。
石言葉は「真実の愛、誠実」。
高まりすぎた情熱に流されない、冷静で真実の愛を引き寄せます。
また、身に着けると想像力やインスピレーションを引き出し、芸術的な感性を高めるとも言われています。
デュオニソスの伝説から俗説でアメジストを持つと二日酔いにならないと信じられてきました。

アメジストとの過ごし方

2月の誕生石アメジストアメジストの一番の特徴である紫色は上品で大人っぽい女性のイメージ。
落ち着いた色味なので他の色を邪魔せず、様々なコーディネートにも合わせやすい石です。
日本では古来、紫色は高貴な色とされ、中国では皇帝しか身につけることを許されなかったと言われます。
また紫色の心理効果として「想像力をかきたて感性を豊かにする」、「緊張や不安をゆるめ穏やかな気分にさせる」といったものがあげられます。
水晶と同じ仲間なので硬さを示すモース硬度も7と比較的丈夫な石です。
水分も問題ありませんが、紫外線や強い光で変色してしまう場合があるので保管する際は直射日光の当たる場所は避けてください。

 

アメジストのアクセサリー

うさぎや猫といった可愛い動物とアメジストを合わせたアクセサリーをそろえております。

ぜひショップページもご覧ください!

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree

ページ上部へ戻る