BLOG

大人の味ザワークラウト

最近ザワークラウト作りに凝っています。
ザワークラウトはドイツ語で「すっぱいキャベツ」の意味。
いわゆるキャベツを乳酸醗酵させた漬物でソーセージの付け合せなどによく付いてきます。
フランスではシュークルートと呼ばれ、やはりメジャーな食べ物です。
ザワークラウト
お酢やビネガーを加えて簡単に作る方法もあるようですが、あれは偽者。
本当にレシピはキャベツと塩だけでできます。
ザワークラウト
キャベツ一玉も塩で揉むとしんなりして小さくなってしまいます。
漬物容器に押し込めお好みでフェンネルシードやローリエ、ブラックペッパーなどを加えます。
約1~2週間でできあがり。
IMG_0299
濁った液体や泡が出てくると少し不安になりますが・・・これは上手くいってる証拠。
もともとビタミンCが豊富なキャベツですが、乳酸醗酵によってさらに増えるらしいですよ。
そしてこの漬け汁に様々な薬効成分がふくまれているそうです。
IMG_0411
ただソーセージやお肉に添えるだけでも美味しいのですが今日のレシピはザワークラウト煮込み。
オリーブオイルでニンニクとソーセージに玉ねぎ、ローズマリーやクローブなどの各種スパイスと一緒に炒めチキンスープで煮込みます。
茹でたじゃがいもと薄切りベーコンを入れて煮立ったところにザワークラウトを漬け汁ごと加えます。
あまり加熱しすぎると風味やせっかくの栄養が損なってしまうので最後に暖める程度に。
塩はザワークラウトとベーコンから出るのでまったく加えなくて大丈夫。
ザワークラウト
ほどよい酸味がお肉の脂を調和してくれます。
子供のころはなんだか面白くなかった味。
大人になってだんだん増えてきた楽しみのひとつです。
ワインは白が合いますよ。
その他ポークソテーのソースにしたり鮭のソテーの付け合せにしたり、レタスやブロッコリーと一緒に胡椒と
オリーブオイルを合えればサラダにもなります。
冬の保存食ザワークラウト、簡単でおすすめです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree

ページ上部へ戻る